賃貸経営の4つの特徴

4 characteristics of apartment management

  • ローリスク&ミドルリターン

    1

    賃貸経営はローリスクミドルリターンです。
    大きな投資額が動くハイリスクハイリターンと思われがちですが、
    将来的に土地も残りますし、継続して家賃収入が入ってきますので
    長期的目線で見ても堅実な投資の1つになります。
    ハイリスクハイリターンの商品は代表的なもので株式やFXがあり、
    1日で大きく収益を上げることもありますが、逆に大きな損失が出たりと
    自分でコントロールできないギャンブル的要素を含んでいます。
    またローリスクローリターンの商品として代表的なものは国債や定期預金があり、
    元本割れのリスクもない代わりに今の金利ではほとんど利益もでません。

  • 借入で可能な資産つくり

    2

    賃貸経営をすることで個人事業主となるため、
    確定申告をする義務が発生します。確定申告をすることで、
    減価償却費や固定資産税などが経費として計上できますので
    実際のお金の流れは黒字ですが税務上は赤字となる場合があります。
    給与所得から賃貸経営の赤字を差し引いた額に税金がかかりますので
    所得税及び住民税の節税につながり、同じ年収でも手元に残る現金が多くなります。 また賃貸経営は株式など他の投資と違い、借入をして土地と建物という
    現物資産を手に入れ、そこから長期安定的に収益を得ることが可能な
    個人資産を形成できる投資です。
    「レバレッジをかける」と投資用語で言いますが、少ない自己資金で
    高い利回りを確保できる費用対効果の高い資産つくりが可能となります。

  • 個人年金

    3

    年金受給時期の引き上げ検討や支給額の引き下げなど
    年金不安は解消されません。また定年後の生活費の負担も
    大きいため、将来に対する不安は大きくなる一方です。
    とはいっても何もしなければ何も変わりませんし、何もしない
    ことが経済的なリスクへと繋がる時代です。賃貸経営をすることで
    得られる家賃収入や個人年金と同様の効果をもたらします。

  • 生命保険効果

    4

    借入をする際に「団体信用生命保険」に加入することが可能です。
    オーナー様に万が一のことがあった場合、借入金の残債が
    団体信用生命保険によって完済されますので、
    ご家族には借入のない賃貸物件が残ります。
    借入がありませんので、返済義務のない賃貸物件がご家族の元に残り
    毎月まとまった家賃収入が現金で入ります。
    またその賃貸物件は借入を全額返済している状態なので売却すれば多額の
    現金を得ることが可能です。

資料請求 会員登録