不動産投資お役立ちコラム

column

メリット

No.15 戸建賃貸投資の魅力やメリット

2019.12.18 | by select

不動産投資の投資対象の一つに、一戸建て物件があります。
アパートやマンション物件とはまた違った、
戸建て物件に投資する魅力やメリットを見てみましょう。

 

 

退去が発生しにくい

 

戸建て賃貸物件の最大の特徴は、退去が発生しにくい点です。

 

戸建てを借りて住む人達は単身者やカップルではなく、基本的には子持ちの世帯です。

 

 

敷地が広く、駐車場や庭を確保できる戸建て物件は子育て世代に人気があります。
子育て世代が家を借りる場合、子供の転校が発生する引越しを避ける傾向があります。
大人は住む場所を変えても、勤務先は同じなので、それほど生活環境は変わりません。

 

しかし、子供は家が変わり引越しを行うと、学校も変わり、
生活環境が一変してしまうので不登校などのリスクがあります。
義務教育期間中は極力、引越しをしない人が多いのです。

 

また子供の転校以外の理由として、学用品や日用品などが多いので、
引越しが大変な手間になる、という点もあります。
こういった理由から、子育て世代は退去が起こりにくく、
時には 10年以上同じ物件に住み続けてくれることもあるのです。

 

 

修繕は入居者が行ってくれる

 

 

マンション物件、アパート物件を所有していると、
修繕積立金や管理費はオーナー負担になります。

 

 

オーナーが管理組合や管理会社に管理費や修繕積立金を納付するので、
実質的な手取り収入は家賃額よりも数万円減ってしまいます。

 

 

しかし、戸建て物件の場合は入居者が自分で管理や修繕を行ってくれます。
そのためオーナーには管理費や修繕費負担がありません。

 

自由に修繕しても良いという権限を与えることで、
家の修繕費を入居者負担にすることができますし、
ゴミ出しなどの管理も特に必要になりません。

入居者が自分で管理します。

そのため、家賃のほとんどが自分の収入になるのです。

 

 

 

 

土地付きなので、資産価値が落ちにくい

 

戸建て物件の場合、土地と建物をセットで買います。
戸建て物件を購入するということは、実際にはつまり土地を買うことになるのです。

 

中古の戸建はほとんどが木造のため築年数が経過していると
建物の資産価値はほとんどありません。
ほぼ土地の価格と言っても差し支えないこともあります。
土地は建物と違い減価償却がないので、経年で必ず価値が落ちるわけではありません。

 

もちろん需要がなくなれば、資産価値は下がってしまいますが、
逆に言えば需要のある場所に戸建て物件を買えば、
資産価値が上昇していくこともあるのです。

土地を所有できるため、戸建が古くなった場合は解体して更地化、
その後売却することもできます。

 

土地という資産を持てることは、戸建て投資の大きなメリットです。

 

一覧に戻る

年月別記事一覧

Instagram Facebook
資料請求資料請求 会員登録会員登録