不動産投資お役立ちコラム

column

実例

No.36 不動産投資におけるインカムゲイン・キャピタルゲイン

2020.09.22 | by select

「不動産投資のインカムゲインって何?キャピタルゲインは?」など、
インカムゲインやキャピタルゲインが何を指すのかわからず、困っている人もいるでしょう。

 

これらの用語の意味がわからないからといって、不動産投資ができないわけではありません。

 

しかし、意味がわかったほうが、多くの情報を得やすいものです。
ここでは、不動産投資におけるインカムゲインとキャピタルゲインについて
紹介していますので、参考にしてください。

 

 

 

不動産投資の「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」

 

 

不動産投資のインカムゲインやキャピタルゲインが何を指すのか、確認していきましょう。

 

以下は、インカムゲインとキャピタルゲイン、それぞれの内容です。

 

 

(1)インカムゲイン

 

不動産投資のインカムゲインとは、家賃収入のことです。

 

たとえば、家賃7万円×6室のアパートを1棟所有している場合、
満室時のインカムゲインは42万円になります。

 

不動産投資のインカムゲインの特徴は、毎月安定した収入を得られることです。

 

インカムゲインはローンの返済原資になります。

将来は、私的年金として活用することも可能です。

インカムゲインは、給与所得など他の所得や経費を考慮した課税所得額に対して、
所得税や住民税がかかります。

 

 

(2)キャピタルゲイン

 

不動産投資のキャピタルゲインとは、所有する不動産を売却して得る利益のことです。

 

つまり、アパートやマンション、土地を購入時の価格よりも高く売ることで得る利益のことを
キャピタルゲインといいます。

 

資産価値が上昇する不動産を見極め、価値が上昇したタイミングで売却することが必要です。

 

キャピタルゲインは、不動産の所有期間が5年未満か5年以上かで、以下のように税率が異なります。
※売却した年の1月1日現在での所有期間となります。

 

・5年未満:税率39.63%
・5年以上:税率20.315%

 

 

不動産投資における、インカムゲインとキャピタルゲインを覚えておきましょう。

 

 

 

 

不動産投資初心者はインカムゲイン狙いがおすすめ

 

上記で紹介したように、不動産投資の収入の得方は、インカムゲインとキャピタルゲインがあります。

 

不動産投資初心者におすすめなのは、インカムゲイン狙いです。

 

なぜなら、キャピタルゲイン狙いの物件選びは非常に難しく、リスクが高いためです。

 

キャピタルゲインを得るには、これから資産価値が上がる物件を
割安なタイミングで購入しなくてはいけません。

 

 

このような物件を見つけることは容易ではありません。

 

売却損が出れば、多額の借金だけが残ります。

 

 

インカムゲイン狙いの物件であれば、情報は多いですし、物件選びもしやすいです。

 

不動産投資初心者は、キャピタルゲイン狙いではなくインカムゲイン狙いで始めましょう。

 

 

まとめ

 

ここでは、不動産投資におけるインカムゲインとキャピタルゲインについて紹介しました。

 

インカムゲインとキャピタルゲインの違いを理解して、しっかりと情報収集をした上で、
不動産投資を始めるようにしましょう。

一覧に戻る

年月別記事一覧

Instagram Facebook
資料請求資料請求 会員登録会員登録