不動産投資お役立ちコラム

column

メリット, ローン

No.26 不動産投資ローンと住宅ローンの違い

2020.04.22 | by select

不動産投資ローンと住宅ローンでは、多くの違いがあります。

 

違いを知らずにいると、明確な返済計画を立てられない上に、審査に落ちる可能性も高くなります。

ここでは、不動産投資ローンと住宅ローンの違いについて、確認していきましょう。

 

 

不動産投資ローンとは

 

 

不動産投資ローンとは、その名の通り、
不動産投資専用のローンのことで、アパートローンとも呼ばれています。

 

不動産投資を目的としたアパートやマンションを購入、建設、リフォーム等するために、利用するローンです。

 

不動産投資ローンは、都市銀行や地方銀行、信用金庫や信託銀行など、
さまざまな金融機関が取り扱っており、融資を受けるためには審査通過が必要になります。

 

 

不動産投資ローンと住宅ローンの違い

 

不動産ローンと住宅ローンは、さまざまな点で違いがあります。

 

主な違いは、以下5点です。

 

  • 借入目的
  • 融資金利
  • 返済原資
  • 返済年数
  • 審査ポイント

 

それぞれの違いについて、紹介していきます。

 

 

●借入目的

不動産投資ローンと住宅ローンでは、借入目的が違います。

 

不動産投資ローンは、マンションやアパートなどを購入・建設し、運用して
収益を得るために借り入れをするローンです。

 

一方で、住宅ローンは、自宅を購入するためのローンになります。

 

このように、不動産投資ローンは物件を運用して収益を得ること、
住宅ローンは自宅を購入することを目的としている点が違いです。

 

 

●融資金利

不動産投資ローンと住宅ローンでは、融資金利も違います。

 

金融機関によっても異なりますが、金利相場は、
不動産投資ローンは年1.0%〜年3.5%程度、
住宅ローンは年0.5%〜年2.0%程度です。

 

不動産投資ローンの融資金利は、住宅ローンよりも高くなります。

 

 

●返済原資

不動産投資ローンと住宅ローンでは、返済原資にも違いがあります。

 

不動産投資ローンは、毎月の家賃収入からローン返済をするのが一般的です。

 

一方、住宅ローンは毎月の給料が返済原資になります。

 

 

●返済年数

返済年数も、不動産投資ローンと住宅ローンで違いがあります。

不動産投資ローンは、建物の耐用年数によって返済期間が変わるのに対し、
住宅ローンは最長35年が一般的です。

 

最近では耐用年数以上の返済期間で組める不動産投資ローンや
40年で組むことが出来る住宅ローンなど様々な商品もあります。

 

 

●審査ポイント

審査ポイントについても、不動産投資ローンと住宅ローンでは違いがあります。

 

不動産投資ローンの場合は、物件の収益性や担保価値が重要なのに対し、
住宅ローンは契約者の返済能力を重視しています。

 

不動産投資ローンと住宅ローンでは、このような違いがあることを把握しておきましょう。

 

 

まとめ

 

ここでは、不動産投資ローンと住宅ローンの違いについて紹介しました。

 

借入目的や融資金利など、不動産投資ローンと住宅ローンは、
さまざまな違いがあることを理解して、利用するようにしてください。

一覧に戻る

年月別記事一覧

Instagram Facebook
資料請求資料請求 会員登録会員登録