不動産投資お役立ちコラム

column

実例

No.27 物件の価値を上げる設備投資

2020.05.08 | by select

「入居率を改善するには、どうしたらいい?」

「どんな設備を採用したら、入居者が集まる?」

など、入居率や家賃アップの施策に関して悩んでいる人は少なくありません。

 

効果的な設備投資をすれば、入居率や家賃を改善することが可能です。

 

ここでは、物件の価値を上げる設備投資について紹介していますので、参考にしてください。

 

 

設備投資をすることで得られる効果

 

 

周辺物件に比べて条件がよくない場合は、借り手を見つけることが難しくなります。

場合によっては、選択肢にも入らないでしょう。

 

しかし、魅力的な設備を導入すれば、物件の優位性となり、入居意欲を高めることができます。

ただし、ここで大切なのはオーナーが導入したいと考える設備を取り入れるのではなく、
入居者目線で、「ここに住みたい」と思える設備を採用することです。

 

入居者ニーズを捉えた設備を採用することで、費用対効果の高い投資となり、
入居率も改善されることでしょう。

 

また、家賃を高く設定することもできます。

 

効果的な設備投資をすれば、入居率改善や家賃アップとなり、毎月の家賃収入を増やすことができます。

 

 

物件の価値を上げる人気設備

 

ここでは、物件の価値を上げる人気設備について紹介します。

 

需要のある設備を導入することで、下記のような効果が期待できます。

以下は、おすすめの設備8選です。

 

●TVモニター付きインターホン

訪問者の様子がわかることから需要があります。
特に、セキュリティを重視する女性単身者やファミリー層に求められる設備です。

 

 

●ウォシュレット

「ウォシュレットがないと嫌」という人も少なくありません。
こちらも、単身者からファミリー層まで幅広い層から求められる設備です。

 

 

●インターネット無料

設備の人気ランキングで1位に選ばれることもあるインターネット無料。
入居者からすればコストが安くなるため、非常に魅力的な設備になります。

 

 

●浴室乾燥機

浴室乾燥機があれば、室内で洗濯物を乾かしやすく、女性に人気の設備です。

 

 

●オートロック

女性単身者やファミリー層が、最低限なセキュリティ設備として求めることが多いです。

 

 

●宅配BOX

多くの人が通販などを利用するため、単身者からファミリー層まで需要の高い設備です。

 

 

●防犯カメラ

セキュリティを重視する女性単身者やファミリー層が安心する設備になります。

 

 

●追い炊き機能

生活費の節約にもつながる設備であり、ファミリー層に需要の高い設備の1つです。

 

 

設備を導入する際は、エリアのニーズや予算を考慮して選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

 

ここでは、物件の価値を上げる設備投資について紹介しました。

 

効果的な設備投資を行えば、入居率などが改善され、安定した家賃収入を得ることが可能です。

 

入居率や家賃の低下で困っている場合は、設備投資も検討してみましょう。

 

 

一覧に戻る

年月別記事一覧

Instagram Facebook
資料請求資料請求 会員登録会員登録